イソフラボンの効果的な摂取の目安は?

女性の味方といわれるイソフラボン、さまざまな女性の悩みに効果があると大人気です。
更年期障害や月経前症候群(PMS)など、ホルモンバランスが崩れやすい時期に接種することで、イライラや動悸息切れなどの症状の回復や、月経周期の乱れを改善する効果があります。
また美肌効果や、バストアップ、健康な毛髪の育成など美容効果が高いのも特徴です。
このように女性に嬉しいイソフラボンですが、摂取量の目安には注意しなければなりません。
女性ホルモンであるエストロゲン(卵胞ホルモン)と同様の働きをするイソフラボン。
多量に摂取すると、体から分泌されるエストロゲンの量が少なくなり、もう一つの女性ホルモンであるプロゲステロン(黄体ホルモン)をたくさん分泌してしまいます。
プロゲステロンは、肌荒れや便秘、イライラといったPMS特有の症状を引き起こす原因ともなるホルモンですが、イソフラボンの多量摂取により、逆にこれらの症状が重くなる可能性があります。
安全な摂取量の目安は、一日に75mgまでが適切と言われ、サプリメントなどの健康食品からとる場合は30mgが上限となっています。
また普段口にする食品にも含まれており、例えば味噌汁一杯なら約6mg、豆腐一丁で約60mg、納豆1パックでは約35mgと、食事からも十分摂取できることがわかります。
摂取量の目安を考えて、上手にイソフラボンを取り入れていきましょう。

Comments closed