エストロゲンが減少する原因

エストロゲンが減少する第一の原因は、卵巣機能の衰えです。
これは40代以降の女性なら誰にでも起こることです。
ところが、これ以外に年齢に関係なくエストロゲンが減少してしまう場合があります。
その原因としては、ストレスや過労、睡眠不足、夜更かし、運動不足、無理なダイエットや体の冷えなどが挙げられます。
これらによって自律神経が乱れると、ホルモンの分泌がうまくなされないことがあるのです。
エストロゲンは女性の健康にとって欠かせないホルモンです。
40歳になれば残念ながら皆分泌量が急激に減ってしまいますが、それ以前に減少するというのは由々しき事態です。
女性の骨や血管が健康に保たれるのもエストロゲンのおかげです。
更年期以降の女性に骨粗しょう症や高コレステロールが増えるのもエストロゲンが減少するためです。
40歳前からそうなってしまうという事態は避けるべきでしょう。
規則正しい生活を送り、適切な食事を摂って、ストレスをためないように生活すれば、自律神経の乱れもなおり、崩れたホルモンバランスも正常に回復します。
30代までは十分分泌されるはずの、この大切なホルモンを減少させるような原因はつくらないように生活したいものです。”

Comments closed